講師&生徒さんINTERVIEW CONTENTS

JOYFUL-2カルチャーの先生方へのスペシャルインタビュー。先生方のこれまでの体験やカルチャー教室の魅力についてお聞きしました。普段は語らないお話や先生の素顔など貴重な内容満載です。

インタビュー一覧に戻る

  • VOL.
  • 29
  • PAINTING FOR CHILDREN

今回は、こどものための絵の教室の松尾ゆかり先生です。子供たちの感性を大切にし、いいところを引き出して伸ばしてくれる松尾先生。子供たちの絵はどれもすばらしいものばかりで、その純粋な心に感動しました。全く描けなくて入会したお子さんも、先生の指導で絵の才能を開花させました。子供の可能性は無限大だと改めて教えてくれる、松尾先生のこども絵画教室の魅力についてお聞きしました。

  • SCHOOL:
  • こどものための絵の教室

  • TEACHER:
  • 松尾 ゆかり先生
  • SHOP:
  • JOYFUL-2新田店、宇都宮店、幸手店
 こどものための絵の教室-松尾 ゆかり先生|JOYFUL-2新田店、宇都宮店、幸手店

講師インタビュー風景

絵を始めたきっかけは祖父の影響

聞き手:
先生が絵を始めたきっかけを教えてください。
松尾先生:
祖父が画家だったので、小さい頃から絵に親しんでいましたね。油絵で落書きをしていたんですよ。
元々は美術の教員をしていて、出産を機に教員を辞めて自宅で絵画教室を始めました。
その後にJOYFUL-2幸手店がオープンして、子供だけに絵を教えたいというコンセプトで、こども絵画教室を始めたんです。もう、10年になりますね。

講師インタビュー風景子供たちの絵の数々

りんご=赤ではない

聞き手:
先生が教えるときに気を付けていることはありますか。
松尾先生:
好きなように描かせています。子供たちは感覚・感性で描くので、失敗はないんですよ。りんごが赤でなくてもいいんです。
子供たちの自由に描いて欲しいので、あまり口や手は出しません。コレをしてはいけないとかのルールはありませんからね。子供たちは色が好きで、とにかく絵が明るいです。水彩だけでなくアクリルも使用しているので、色がきれいで色に酔ってしまいます。
アクリルを中心に色々な素材を張ったり、馴染ませたり、子供たちの発想を引き出しています。
聞き手:
色使いで性格なども分かるのですか。
松尾先生:
色使いで、性格もわかります。
家庭環境までわかってしまいますね。オーラが出るんですよ。

講師インタビュー風景一生懸命絵を描く子供たち

講師インタビュー風景

褒めて伸ばす

聞き手:
毎回、自分の好きな絵を描くのですか。
松尾先生:
テーマを出します。そのテーマの中に、技術を混ぜながら教えています。子供たちは、テクニックを覚えるとすぐに吸収しますね。
絵を描くことが好きで入会する子と、逆に全く描けなくてここに来る子もいます。
子供たち一人一人の性格に合わせて、教え方も違います。絵になる材料も違いますし、好きな色も違います。
その子が持っている感性を磨いてあげることが大切ですね。子供たちは、褒めてあげるとすごく伸びます。素直ですからね。

講師インタビュー風景描く素材も様々です

絵の中で遊べる時間は少ない

聞き手:
大人になってから、絵を描くことを楽しめないのはどうしてですか。
松尾先生:
大人になると既製概念が出来てしまって、りんご=赤になってしまうからです。
大人になっても絵の中で遊びたいですよね。絵の中で遊べる時間は結構少ないですね。

講師インタビュー風景切ったり、貼ったりします

講師インタビュー風景

目標は「内閣総理大臣賞」!

聞き手:
先生の目標はありますか。
松尾先生:
目標はコンクールですね。子どもたちが数々の賞を貰っていますが、内閣総理大臣賞だけは貰ってないんです。
これは絶対取らせてあげたいですね!

講師インタビュー風景完成した子供たちの絵

松尾ゆかり先生ありがとうございました。

いかがでしたでしょうか。子供絵画教室の魅力がよく分かりましたね。
松尾先生は、現在JOYFUL-2千代田店・幸手店にて、こどものための絵の教室を開講されています。
松尾先生の子供絵画を学んでみたい方は、詳細情報をぜひチェックしてみてくださいね。

松尾 ゆかり先生
こどものための絵の教室教室詳細をCHECK!

松尾 ゆかり先生のプロフィール
PROFILE

東京家政大学 服飾美術科 美術専攻卒業
公立中学校での教員経験を生かし、地域の子供たちの絵の教室として10年以上描いてきました。
子供たちの感性をくすぐる作品作りをテーマにしています。

インタビュー一覧に戻る

SPECIAL CONTENTS. スペシャルコンテンツ

  • 講師インタビュー
  • 生徒インタビュー
  • 突撃体験レポート