アートな暮らし アートな暮らし

  • POSTED:2015.07.13
  • BY:るねっさんす
  • ISSUE:#003

美術館は私を一瞬ドラマの主人公してくれる場所

趣味の美術館めぐりについて書いてみました。
今まで巡った美術館は数知れず。美術館の魅力や楽しみ方について私なりに考えてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美術館に浸ろう

11214141_835797586510149_3442427691768803490_n

私の趣味はアート観賞です。
休みの日は都心や県内の美術館を見て歩くのが楽しみです。
美術館というとちょっとかしこまっていて難しいイメージだったりしますよね。
本物のアートを目の前で見ることができるのはもちろんですが
美術館の建物そのもののたたずまいを味わうのが私の最大の楽しみでもあります。

美術館は時代を映す建築物

美術館の多くはその時代を反映した先進的なデザインだったりします。
それ自体が魅力的なアートなのです。
壮大な東京国立博物館を訪れると、まるで貴族にでもなったようなちょっと気取った気分になります。まさに「ルネッサーンス!」な気分です。

またロビーに立っているだけでまるでSF映画の世界に迷い込んだような国立新美術館。
未来的な世界に浸るなら六本木21_21 DESIGN SIGHTやホキ美術館もお勧めです。
ちょっと懐かしく感じるレトロフューチャーな東京近代美術館。ミッドセンチュリーな雰囲気が懐かしのスパイ映画の秘密基地の様です。
こんな家に住んでみたいなといつも思う東京都庭園美術館はアールデコ建築の傑作。
訪れるときはいつも大富豪になった気分です。

21_21 DESIGN SIGHT
六本木21_21 DESIGN SIGHT

ホキ美術館
ホキ美術館

国立新美術館
国立新美術館

国立博物館
国立博物館

おしゃれなカフェで語り合うのも魅力のひとつ

その中に入って、その時代の空気に浸りながら楽しめるのが美術館です。
非日常的な空間に身をゆだねながら、自分仕立てのドラマの主人公気分で過ごすのが私の至福のひとときなのです。

最近美術館にはおしゃれなミュージアムカフェもあったりします。
アーティスティックな雰囲気の中で頂く一杯のコーヒーは日々の喧騒を忘れさせてくれて、最高ですよ。
東京都立現代美術館のある清澄白河近辺は、今話題のカフェやおしゃれな古本屋、グッズショップなどがあって、注目のスポットになっていますね。

いったい美術館めぐりにいくら使ったんだろう……

連絡用に取り付けた玄関のコルクボードがいつしか小さなアートの欠片たちに占領されています。
今日はそんな僕の小さなアートスペースを紹介しましょう。

1

関東に転勤してはや4年。
憧れの都内の美術館を巡り、残った半券を貼り付けていくうちに
いつしか連絡用コルクボードが半券でいっぱいになってしまいました。
半券のボードはそれ自体がまるでモザイクのようなアートとなっています。
思い出の詰まった私の宝物です。

2

ちなみに下駄箱の上はお土産に買い集めたマスコットたちでいっぱいです。
マスコットはいつもペアで購入、毎朝仲睦まじい姿に癒されています。

5

Writer PROFILE

るねっさんす

通販事業部勤務の50代、男性です。
最近のお気に入りは水戸芸術館です。こぢんまりとした企画専門の美術館ですが、毎回ちょっと通好みな現代アートを紹介してくれて、学芸員さんのセンスを感じます。インスタレーションや現代芸術好きにお勧めです。水戸に寄ったら茨城県近代美術館にも足を延ばしてください。こちらは常設が充実していて横山大観やルノアールが楽しめます。

アートな暮らし新着情報