アートな暮らし アートな暮らし

  • POSTED:2015.10.20
  • BY:ジョイフル鈴ホ
  • ISSUE:#010

ミニ四駆ジャパンカップ東京大会3に参加してきました!

前回のジャパンカップ東京大会2は初戦であえなく敗退したジョイフル鈴ホ。リベンジを誓った東京大会3の結果は―!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!2度目の登場、営業スタッフの鈴ホ(仮名)です。
前回のジャパンカップは開始2秒でミニ四駆が止まってしまい、思うような結果を残すことができませんでした。
今回はリベンジをかけて9月27日に東京ビッグサイトで行われたジャパンカップ東京大会3に参加してきました!

前回の記事はこちらからどうぞ→ミニ四駆ジャパンカップ東京大会2に参加してきました!

会場についたら、そこは雨でした

前回同様、朝の3時半に起床し、始発の電車にのって揺られるところ1時間半、最寄りの駅(国際展示場駅)に到着しました。
駅を出るとなんと小雨がぱらついてるではありませんか。
今回の会場は屋外なので、雨が降ってるとコースが濡れて滑りやすくなり、いつも以上に完走が難しくなります。
というか、そもそも雨降ってたらジャパンカップ開催できるんでしょうか。一抹の不安を抱えながら会場に向かいます。

会場
!!!!

めっちゃ人いました。
僕の不安は一体何だったんでしょう。
ミニ四レーサーは多少の雨には動じないようです。
まぁ、それでも参加人数はいつもより少ないかと思ったら…。

エントリー番号
あれ、1500超え…?

…まさかの1522番。
雨降ってるのに前回より番号が大きい…(前回は1276番)。
エントリーの際にタミヤのスタッフさんに「レースは午後になります」と告げられました。
その時間、8時。鈴ホのレース、13時以降。うん、暇…ですね…。

空気の刃で鉄をも切り裂く凶器のマシン、ビークスパイダー!

ミニ四駆
「前と同じじゃないですか」って言わないで…

今回もこのビークスパイダーで参戦します。
前回と変わってないように見えますが、細かい部分(ブレーキの位置やギヤの加工など)で調整を施しています。

ところでこのビークスパイダーというマシンは、原作(漫画)では鉄すら切り裂く空気の刃を発生させることができて、実際にいろんなものを破壊しながら走ってたのですが、持ち主である沖田カイくんは謎のグローブを使って、この危険極まりないマシンを普通にキャッチしていました。彼のグローブは一体何の材質でできてたんでしょう??

冷静さを保ち、精神を集中して、興奮しすぎないよう、そして疲れないよう

一緒に参加していた友達2人のレースも見届け、いよいよ僕の出番です。
ミハエル・シューマッハの名言を胸に、レースに臨みます。
結果は…。

二次予選進出
1位通過!

やりました!1次予選突破です!
紫のエントリーカードが2次予選進出の証です。
リベンジ、リベンジと言ってたけれど、本当にリベンジできるとは。。やった~!

1次予選に勝ったということは、当然次のレースがあります。
すべての1次予選が終わるまで、しばしの待機。勝利の余韻に浸ります。

ちなみに今回のジャパンカップ参加者数も、前回と同じく4000人オーバーだったそうです。
雨が降ってても参加者数に変化はありませんでした。
すごいぞタミヤさん。

そして2次予選、結果は…

二次予選進出
1位通過!!

メイクミラクル!!なんと2次予選も突破です!!
青い紙が決勝戦進出の証です。
2次予選はレベルがグッと上がるので、勝てるとは思っていませんでした。
僕自身の最高記録も更新です。やった~!!

2次予選に勝つと、いよいよ決勝進出になります。
決勝進出といっても実質的には準々決勝なので、優勝はまだ先なのですが、ジャパンカップでは三次予選以降は決勝戦扱いになります。

この辺りまでくると、会場の雰囲気も変わってきます。
参加人数も大分減りますし(終わった人はほとんど帰宅)、いわゆる常連さんと呼ばれる強者が場の雰囲気を支配します。
初進出の僕にとっては完全にアウェイです。

そんな中準々決勝がはじまります。結果は…

準々決勝敗退…。
僕の命運もここまで。最後は力の差を見せつけられました。
それでも、ここまでこれて本当に嬉しかったです。何より決勝の雰囲気を味わえたのがよかったです。
例え遊びでも、結果を残せば自信になりますね。

そういうわけで、2回かけて更新してきたジャパンカップのお話はおしまいです。
これからもミニ四駆の大会には参加していく予定ですので、また報告します。
それでは!

Writer PROFILE

ジョイフル鈴ホ

ちなみに決勝まで進んだミニ四駆はオークションで2~3万くらいで取引されるそうです。いや、売りませんけど。

アートな暮らし新着情報