マーレングラスリッツェン教室

ガラス工芸

JOYFUL-2千葉ニュータウン店 (千葉県|印西市 )

講座内容
グラスリッツェンとは、ヨーロッパ伝統の手彫りガラス工芸。
大人のための「人とはちょっと違う趣味」をはじめてみませんか?
手でガラスを彫るなんて、難しそう・・・ 危なくないの? 機械をつかうんでしょ?
答えはすべてNO! 火も、大がかりな機械も使いません。
16世紀イタリアのベネチアで、ガラスにレース模様を装飾する技法としてはじまりました。
その後、イギリス・ドイツ・オランダとヨーロッパ中に伝わり、貴族のたしなみとして流行したと言われています。
当時から、ダイヤモンドチップの付いたペンを使い、手で彫るという手法は変わりません。

ドイツ語で、マーレン=描く,グラス=ガラス,リッツェン=引っ掻く。
ガラスに自由に絵を描くように、動物・人物・風景などあらゆる物をモチーフに、リアルに表現できる方法をお教えしています。
人物やペット(愛犬や愛猫など)の写真をもとに、いきいきとガラスに彫りこむことが可能です。様々な花や天使などを彫っても可愛いですね。
絵心がないから・・・と心配なさる方もいらっしゃいますが、下絵がありますので安心です。カリキュラムに沿って基本を身につければ、オリジナルものも作れるようになります。

また、様々なガラス器もご紹介していますので、彫る素材も変化があって楽しいですよ。生徒さんは、ガラス好きな方も多いです。
切子細工で見るような、色被せのガラスもご紹介しています。
手で彫るのは根気も必要ですが、何の変哲もなかったごく普通のガラス素材に、オリジナルの模様が浮き出して来た時の喜びは何とも言えません。
ご紹介するガラスだけでなく、お手持ちのガラスにも彫れますので、ご自宅からお好きなガラス素材を持ってきていただいても良いのです。使用できるガラスの見分け方も細かくご説明いたしますので、旅先でガラス器をお土産に選んだり、雑貨屋さんでガラス器をみるのも楽しくなりますね。市販のガラス素材に彫りますので、作ったものは日常にお使いいただけます。また、クリスタルの素材を選べば、高級感のあるオリジナルプレゼントとして非常に喜ばれます。

とにかく、必要なのは先端にダイヤモンドの付いた特殊なペンと、ガラス素材だけ。少ない道具で省スペースで出来る気軽なガラス工芸を、ぜひ体験してください。
講師からのコメント
16世紀頃のヨーロッパ貴族の間で装飾品として愛でられました。現代では、誰でも手軽に出来る趣味として見直されています。体験は随時出来ますので、男女問わず是非一度いらしてください。
道具・材料
スターターキット(針3本・ホルダー・パターン説明書の入った初心者向けキット)・・・ジョイフルで購入できます。
細い油性ペン・セロハンテープ・はさみ・除光液・ティッシュ・黒い布・ガラス素材・・講師が用意します
開催日程
曜日 時間 受講料
月1回水曜日 10:00~12:00 3,000円+税
講師

木下 浩子

講師プロフィール
マーレングラスリッツェンジャパン講師会会員
1997年 いとうえりこ氏に師事
2000年 日本ヴォーグ社刊 やさしい手彫りガラス(いとうえりこ著)に制作協力
(作品掲載)東京、大阪、京都、鎌倉等、各地でのマーレングラスリッツェン作品展に出品
2003年 J-2カルチャー教室開講
2006年 J-2カルチャーメンバーで作品展開催(第1回佐倉展)

入会のお問い合わせ

SPECIAL CONTENTS. スペシャルコンテンツ

  • 講師インタビュー
  • 生徒インタビュー
  • 突撃体験レポート